夏休みがおしえてくれる  |  davinci

夏休みがおしえてくれる

念のために書いておきすと、性別は女性です)。

 年齢と性別以外、なにひとつ具体的に書いておりませんが、おゆるしください。といって、必要以上にそのことにこだわるのもなんだか変ですので(そもそもそんなことに中川さんが興味をおもちになっておられないかもしれませんし)、今回の手紙でこれ以上このことについてはふれませんが、もし今後ふたたび中川さん宛に手紙を差しあげる機会がありましたら、もうすこしわたし自身のこともお話しさせていただくかもしれません(どちらにしても、中川さんにとってはどうでもいいことですよね……。すいません)。

 なんだか変な感じの文章になってしまいましたが、本題のほうにもどりますね。小説の後半のほうで、ヨシダさんとの連絡が途絶えてしまいますが、

ブンゲイ ダ・ヴィンチ
 

実際にこのような経験を中川さん自身がされたのかな? と思ったりしたんです。もちろん、実際に作者の方が体験されたことと小説のなかの出来事を混同してはならないということは承知しておりますが、なぜだか、そこのところがすごく気になりました。といいますか、この小説を読んだ人の多くは、やっぱりなぜヨシダさんから急に連絡が来なくなったのかが気になったと思います(そのことに回答を与えずに、なんだか投げだしたような感じで終わっているところも、この小説の魅力のひとつだとは思うんですけど)。

 いずれにしても、なにかしらの考えがあってあのような展開にされたとは思うんですけど、先ほどわたしがいいました「実際の出来事とのリンク」ということともつながるんですけど、小説に出てくるヨシダさんにはモデルがいるのかな? と思ったりしました。

 
 なんですか、これは? と思わずうなった。うなったは大げさだが、なんなんだ?とはたしかに思った。「すごくおもしろかったです」といわれ、作品にたいして好意的な意見をいってもらったりすると、悪い気持ちはしないどころか素直にうれしいのであるが、最後のところがすこし気になる。いや、だいぶ気になる。「実際に体験されたことと、どれくらいまでリンクしてるのかなってことにも興味の目が行きました」ってとこまではまあええとして、「もしかしたらそのモデルというのがわたしである可能性がまったくゼロではないんじゃないかな? なんてことも思いました」ってなんやねん。どういうことなんですか?

 いちおうというかまちがいなく、ぼくは彼女が話題にしている小説の作者だ。その作者のぼくにたいして、

夏休みがおしえてくれる

ブンゲイ ダ・ヴィンチ
 

そして、もしかしたらそのモデルというのがわたしである可能性がまったくゼロではないんじゃないかな? なんてことも思いました。実際にそうだとかそういうことをいいたいのではなくて、あくまで「もしかしたら」ということで、可能性としての話なんですが……。

 変なこと書いてすいません。また次回作に期待しています。もう書きはじめていたりするのですか? 掲載されれば必ず読ませていただきますね。

 それでは、また。執筆がんばってください。

                                            フジタ エリコ

フジタさん(そもそも、なんで仮名やねん)は自分が小説に出てくるヨシダさんのモデルであることの可能性について言及しているわけであるが、それを第三者ならまだしも作者であるところのぼくにいってきてもどうしょうもないんじゃないの? と思ったりするんだけど、フジタさんはどのような魂胆でこんなことを手紙に書いてきたのであろうか。というか、自分のことをぼくが書いた小説に出てくる人物のモデルである可能性がゼロではないといってる時点で、このフジタさんというのはぼくの知りあいであるのかな? って仮定が浮上してくる。そらそうであろう、ぼくが実際にモデルを想定して小説を書く、書かないにかかわらず、あたりまえのことだけどぼくがまったく知らない人だったらモデルにしようがないわけで、その観点からいくとフジタエリコ=ぼくの知りあいって構図が成り立ち、この構図に当てはまっているからこそフジタさんも自分が小説の登場人物のモデルである可能性が

 

夏休みがおしえてくれる

ブンゲイ ダ・ヴィンチ

ゼロではないなんていっている、と考えるのが普通だ。逆にそうでないとそんなことを直接作者であるぼくにいってくるのはおかしいわけなんだけど、世の中にはおかしなことをおかしいとも思わずに行う人がすくなからずいるわけで、フジタさんがそういう人だと仮定してみると、今回のような手紙を送ってくるということにも納得ができる。しかしながら、納得はできると余裕をかましている場合ではなくて、もし今回のケースが後者の場合だったらけっこうやっかいなことに巻きこまれてしまっていることになるんだけど、本当にそれが真相だったとしたら現状では手の施しようがないからこれ以上考えてもしょうがない。問題はというか、気になるのはフジタさんがぼくの知りあいの誰かだった場合のことだ。

 いま、まわりの友人・知人のなかで、ぱっとうかんでくるような人物は思いあたらんが、

もしなにかいいたいことがあるのであれば、手っとり早く電話とかメールで連絡してくればいいのにと思う。それをあえて手紙で書いてきたことの理由のひとつには、仮名をつかっていることからもわかるように、身元を明かしたくないということがあると思われるわけだけど、そうしなければならん理由がわからん。そもそも小説に登場するヨシダさんは、誰かをモデルに想定して書いたわけではない。仮に誰かをモデルに想定して書いたとしても、その登場人物の小説内での行動とモデルとなった人の実際の行動とはぜんぜん関係ないわけで、そこをごっちゃにされてしまうとちょっと困ってしまう。小説なんてものは虚構なんだから……。

 フジタさんからの手紙を読み、あれこれと考えてみたわけだけども、三つめの仮定としては、フジタさんはやっぱりぼくとは直接面識のない一般の読者で、

 

夏休みがおしえてくれる

ブンゲイ ダ・ヴィンチ

評論的言説として小説内に登場する人物が、自分もふくめた実際の人物がモデルとなりうるその可能性はゼロではないということを示そうとしただけなのかもしれん(もしそうだったとしたら、なんでそんなことをしようと思ったのかは謎だけど)。そんで、ちょっと遊び心を出して、それがわたしである可能性がないとはいえませんねってことをいおうとし、その信憑性を高めるために仮名をつかったりしたのかもしれへんというのが第三の仮定だが、これがいちばんありそうな気がする。

 いずれにしても、ちょっと意外に思ったのが、主人公とヨシダさんとの連絡が不通になったことにたいするフジタさんの関心の示し方で、自分がヨシダさんのモデルであるのかどうかということはもとより、「やっぱり気になったのが」と手紙のなかでも書いているように連絡が途絶えたこと自体にも彼女は興味を示している。

夏休みがおしえてくれる

ブンゲイ ダ・ヴィンチ
 

ぼくとしては意図してその理由を作品のなかには書かなかったわけだが、答えを示さないと当然読者はなぜかな? とその理由を考えるやろなあとは思ったけど、そのこと自体が作品のメインテーマでもなく、書いた本人にとってはそこまで大きな問題ではなかった。だけど、フジタさんの手紙を読むと、どうやら彼女のいちばんの焦点はヨシダさんからの連絡がなぜ途絶えたのかということみたいで、この作品を読んでくださった方は、やっぱりそこのところに興味がいくのかなあ、なんてことを思ったりした。

 んで、ほかの人はどうなのかしらん? 感想をブログで書いてくれたりしてる物好きな人はおらんかなあと、作品名&作者名で検索をかけてみると、まんまと一件出てきた。雑誌ではなくネットでの掲載ということで、そもそも読んでくれている人自体がすくない、ましてやその感想をブログで書いてくれてる人なんて皆無だろうと、

自分でも半信半疑で検索をかけてみたので、出てきたときはうれしかったのと同時に、びっくりもした。
 ヒットしたのは、はてなダイアリーのブログで、二十一歳の文学部に通うcatalyさんという大学生の方(ブログ内のプロフィールによる)の七月十九日の日記。以下、引用させていただく。
 
                    (続)

Mitsuru Nakagawa

夏休みがおしえてくれる
  • 著者:中川 充
作 成 日:2008 年 12月 04日
発   行:中川 充
BSBN 1-01-00021468
ブックフォーマット:#429

なかがわ・みつる●1977年、奈良県生まれ。2006年、ネット上に掲載された短編『POKKA POKKA』への読者投票を経て、第1回ダ・ヴィンチ文学賞編集長特別賞を受賞。07年に初の単行本『青空チルアウト』を、08年には文庫『POKKA POKKA』を刊行した。

第2回を読む

中川 充

 
 

 
 
 
Mitsuru Nakagawa

 
 

 
 
 
中川 充